久野仙一妄言集

報道機関が取り上げないニュースをネットで報道する小さな報道機関です

--年--月--日(--)--時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年12月20日(土)16時

新聞・押し紙の恐怖(2)

仮に実際は60万部しか,ある都市に講読者数がいないのに100万部と騙してオリコミ費用を100万部分徴収して,預かったチラシの水増し分の40万部を見つからないよう処分したならば。。。。。。。
これって犯罪じゃないの?と誰もが思うでしょう。

押し紙 裁判

で検索してみると、実際に裁判に、なっていることが分かる。
なにが恐怖かって?
それは、これらの問題をどの新聞も取り上げないことだ。
新聞が自分に都合の悪いことを取り上げないのは理解できるが。
評論家や識者といわれる方も黙っている。

ある方が教えてくれた。

押し紙は一社ではなく、業界全体でしてるからです。この問題を取り上げることは全新聞社や系列のTV局・雑誌社全てを敵に回すからです。だから怖がって誰も触れたがらないんだよ。これは恐怖としか形容できない。

スポンサーサイト

|トップページ|

コメント

コメントの投稿

BaseDesigned by FlatCraft
Powered by FC2 BLOG

Copyright 久野仙一妄言集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。